人をダメにするちょいブス/人をダメにするちょうブス/無料【アナルに射精される雌豚】

人をダメにするちょいブスは公式サイトで無料試し読みすることができます。ぜひ読んでみてください。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら

 

人をダメにするちょいブス/人をダメにするちょうブスの見どころ

反応している幹を撫でると熱に溺れ瞳で見上げられ加虐心を煽られる。

祥子の淫乱な穴に卑猥な玩具を宛がうと一気に貫く。

祥子は悦を含んだ声で啼いた。

 

細い触手が、勃起し続ける男の陰茎にまとわりつく。

這い登る其れが、蜜を滲ませる尿道口をつついた。

隙間をこじ開けられ、侵入を許した。

「ひ、があっっ!」強烈な刺激が全身を痙攣させる。

 

祥子は動物のような喘ぎ声をあげ、見るも無残な顔で昇天する。

 

あががっっっあぁ!!

あががっっっあぁ!!

ひ、があっっ!

 

祥子に喘ぎ声はまるで動物

我を忘れてしまうくらい快楽に浸る祥子は何度も何度も絶頂した。

 

 

そして今度は祥子は男の陰茎を握り、包皮をずらし亀頭を露出させた。

唾液を纏わせた指を尻の割れ目から滑らせ、綻んだ蕾へと侵入させる。

「――」声を出さず、名を呟いた。

 

ペロっと亀頭を舐める。

初めて舐める男の棒。

 

先端からは少し苦い汁が出ている。

 

これが男の人の液なので」

心の中で叫ぶ祥子。

 

 

そして大きく腫れ上がった肉棒を自分の口へと誘う。

 

 

カポッと肉棒を咥えた瞬間、限界まで大きくなっていた肉棒がさらに晴れ上がり、ビクビクと生き物のように動き出した。

 

そして咥えられている男は「はうぅぅぅぅぅうう」と情けない声で喘いだ。

 

「はうぅぅぅうう。あああぁぁああん。ギモジイイ」

 

男は我を忘れるくらいの情けない声で喘ぐのであった。

 

 

「うふふ。可愛い人♡」

祥子はそんな情けない男を見てさらに肉棒を咥え、ジュルジュルと音を立ててフェラするのであった。

 

 

この続きは本編で!

 

人をダメにするちょいブスはイヤラシイシーンが豊富にあります。

ぜひ本編で読んでみてください。

 

公式サイトで30ページほど無料試し読みできるのでまずは無料で読んでみてくださいね!

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!

人をダメにするちょいブス公式サイトはこちら